ホワイトドットの新機軸の導入 – カーボンライトCL.3 – ホワイトドットルックブック2014-2015より抜粋

whitedotskis_ranger_CL_14_skiwjホワイトドットの新機軸の導入 カーボンライトCL.3

ホワイトドットスキーのプレミアムカーボンライトシリーズを継続して使用しておりますが、これらのスキーには伝統的な本物の木製のスキーの心材を用い、その表面には、スキー産業では最先端に位置する軽量でハイパフォーマンスを生み出すような最新鋭のマテリアルを用い、開発がされております。

カーボンライトのCL:3のマテリアルは化学合成とナチュラルなマテリアルとの組合せというシンバイオティックな共生的構造を持ちます。これらのマテリアルは二つの素晴らしい部材:ノンクリンプのトライアクスルカーボン繊維とノンクリンプの環境に100%優しいフラックスという繊維を使用します。 

同じカーボン素材のスキーと比較しても、150%以上も強度的に強く、驚く程の振動軽減作用をもたらす部材を持つスキーを想像して頂ければと思いますが、それは私達がカーボンライトシリーズの最新鋭のスキーのテストを始めた際に発見したものです。

ホワイトドットは私達のカーボンライトスキーのすべてにカーボンファイバーを使用し、それとともに、ノンクリンプトライアクスルカーボンファイバーを用いることにより、他社に負けないスキーを製造していると自負しております。このノンクリンプの部材は同じようなファイバーの中でも、より効率的な使用を可能とします。つまり合成樹脂の使用を少量に抑えることができ、その一方で、織り繊維を適合させるために折り曲げる必要なく、繊維状にまとめられるので、驚くほどに強力な伸張性をもたらすのです。その結果として、大幅に改善された疲労性能の良さが実現され、合成樹脂ではなく、スキーに効果を発揮する正確な量のカーボンファイバーを効率的に使用することが可能となりました。

私達はまた、ゼロ度のノンクリンプフラックスをカーボンライト素材のスキーのさらなる開発の為へと導入してまいりました。私達はこれからもこのシリーズのスキーとスキーに使用される部材の開発を続けて行くつもりです。ホワイトドットは現在、フラックスとカーボンの関係性について開発を続けてきて4年目になります。ノンクリンプカーボンの活用と合わせたCL:3バージョンのスキーの販売へと至ったことからも明らかなように、毎年ごとに、少しずつではありますが進化を続けてまいります。

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s