Skip to content

MonthMay 2013

Whitedot One (ワン)のレポート

ホワイトドットスキーをお取扱いくださっているNiseko343のオーナー様から(One)ワンのスキーのレポートです。ご興味のある方、ぜひご覧くださいませ。 http://www.niseko343.com/2013/05/whitedot-ski-oneとski-mojo-2/ *Niseko343ではホワイトドットニセコテストセンターとしてもご協力いただいております。詳細は以下のウェブサイトをご覧くださいませ。ありがとうございます。  http://www.niseko343.com/2013/01/whitedot-skis-nisekotest-center/

フリーライドワールドツアー2014カレンダー

2014年のスウォッチ フリーライドワールドツアー2014(ノースフェイス協賛)のカレンダーが発表されました。ご興味のある方、来年のカレンダーにチェックです!       SWATCH FREERIDE WORLD TOUR BY THE NORTH FACE® Competition Calendar 1.    Swatch Freeride World Tour Revelstoke by The North Face® Dates: Dec. 18, 2013; Location: Revelstoke, CAN … Continue Reading フリーライドワールドツアー2014カレンダー

ホワイトドットにオフなし。。。

スキーの開発とテストはホワイトドットのすべてのスキーに欠かすことのできない永続的な要素です。たとえ降雪量の少なくなった北半球の今でさえ、ホワイトドットは開発のために、これまでよりもずっと忙しくしているそうです。。。 その理由は、新しいマテリアルとスキーの形状を開発中だからです。 どうやら、うまくいっているようですよ! 来期が楽しみですね! JPホワイトドット

Ranger (レーンジャー)2013-2014

2013-2014のシーズンより、ホワイトドットのラインナップに追加されますRanger(レーンジャー)をご紹介させていただきます! http://gb.whitedotskis.com/ranger-new/ レーンジャーはバックカントリーの様々な条件、環境に適応すべくつくられた理想的なスキーといえます。そのため、氷河を抱く山の奥深くに踏み入り、険しい斜面を登り、頂上を目指し、パウダーボウルを颯爽と滑り降りることを想定して、デザインされました。こうして、レーンジャーはツーリングスキーを効率的に行い、険しい山のハイクアップもこなせるよう開発されています。例えば、スキンクリップ用のスワローテイルは頂上を目指すライダーの為にシールがしっかりと装着しやすいようにデザインされています。また、ホワイトドットのスキーのレンジの中で最も汎用性の高いスキーで、ゲレンデでも充分楽しんで頂けます! TECHNICAL SPECIFICATION Ranger (レーンジャー):オールアクセスフリーライドスキー             (Tip Rocker, Flat Camber 0-2degree) 技術仕様: ベース:1.2mm ISO 7200 ハイスピードプリシジョン シンタード、ダイカット ダイメンション:138 -108 – 119(168, 177,186)、142-110-124(195PRO) エッジ角度:1Base / 87 Sidewall サイドウォール:ABS合成 長さ:168cm, 177cm, … Continue Reading Ranger (レーンジャー)2013-2014